作品・アロマ

アロマ、ラベンダーオイル

 

アロマの精油を使った作品をご紹介します。

アロマとは芳香という意味。

芳香植物から得られたオイル(精油)を使って化粧品や雑貨をつくることができます。

精油は濃縮されているため、原液では使えません。

精油1滴は0.05mlです。初心者は1%濃度になるように薄めましょう。


薬理効果がありますので、皮膚に直接つけた場合は約15分後には血液の中に入り、全身を巡ります。100円ショップで売られているものは人工合成のもので本物ではありません。

精油は信頼できるメーカーで必ず買いましょう。

 

 

アロマ石鹸

 

石鹸を一から作るのは大変な手間がかかります。でも最近は石鹸素地(せっけんそじ)という石鹸を砕いたベースのものが売っています。それに水を加えてコネコネとこねるだけでだんだんまとまり、簡単に石鹸が出来ます!

香りや色がないとつまらないので、それにキャリアオイルやハーブを入れて色づけ、仕上げにアロマの精油を加えます!リラック系、すっきり系、殺菌系、などバリエーションも様々!

 

木の実や葉っぱなどをデコレーションに使えば、ほら、こんな可愛い石鹸にもなりますよ!

また、石鹸素地が手に入らなくても大丈夫!

頂き物の石鹸をおろし金ですれば同じようなものが出来上がります!

 

こちらは「MPソープ」といって、電子レンジでチンするだけですぐに溶けて型に流し込むタイプの素地です。

MPソープには透明タイプと白色タイプがあり、透明タイプにはドライハーブなどを混ぜるといっそう華やかになります。白色タイプはきれいな乳発色になります。

色つけはコーヒー、ウコン、市販のハーブパウダーを使います。

熱に弱い素材ですと汚い茶色になってしまいますので注意!

 

ハンドクリーム

 

ナチュラルな基材だけでハンドクリームを作ってみませんか?

みつろう、植物油、精油を混ぜるだけ。勿論顔にも使えます。

固めに作りたい場合はみつろうの量を多くし、柔らかめにしたい場合はみつろうを少なく、植物油を多めにします。

しっとり感を更に出したければ好みでココアバターやシアバターを加えます。

乾燥肌の私も随分助けられ、冬は特にこのクリームが大活躍します。

容器もお洒落にして仕上げれば、プレゼントにも喜ばれます!

 

 

リップクリーム

 

 

冬に重宝!

ナチュラルなリップクリームを手作りしてみませんか?

植物油、みつろう、精油、ココアバターを溶かして混ぜるだけで簡単に作れます。

ココアバターはなくてもOK。

でも加えると一層しっとり感が増します。

 

お勧め精油はラベンダー、カモマイル、ローズゼラニウムなど。

容器に好きなシールを貼って仕上げましょう。

アロマハンガー

クローゼットの中を良い香りにして、防虫効果も出そう!

と考えアロマハンガーを作ってみました。

IKEAさんで売っている中に隙間のあるプラスチックの白いハンガーを使用。

その隙間に虫除け精油を入れたハーブを敷き詰め、好きな布でぐるぐる巻いていきます。

布の端の処理は両面テープでOK。

3cm幅の布をひたすら巻くだけなので簡単!

仕上げは麻紐で取手の部分もぐるぐる巻きに・・・!

 

 

バスソルト

 

バスソルトにアロマの精油を混ぜれば素敵な香りのする入浴剤に変身!

 

リラックス系 ・・・ ラベンダー、ローズゼラニウム、カモマイル など

冷え性対策 ・・・ ローズマリー、ジンジャー など

むくみすっきり系 ・・・ グレープフルーツ、ゼラニウム、サイプレス など

 

塩がなければ生クリーム大さじ1に精油を6~10滴混ぜれば乳発色の素敵な入浴剤のできあがり!私は生クリームがあまると紙パックに精油を入れてそのままお風呂にいれています。

 

 

 

ボディバー

 

お菓子のような「ボディーバー」

植物油、みつろうを溶かして精油を加えて作ります。

植物の粉や色のある植物油を使うことにより、二層、三層に色付けも可能です。

固いバターのようなもので、手で持ちながら体全体に塗りこみます。皮膚の温度で溶け、天然のしっとりした保湿剤に大変身!

 

 

洗濯用柔軟剤

皆さんは柔軟剤は何を使っていますか?

私はアロマで手作りしています。

クエン酸とエタノール少々にアロマの精油を混ぜてから水を加えて出来上がり!!

 

夏はさっぱり系でミントやレモン、オレンジ、ティートリー、ユーカリ、ニアウリなどを使います。

秋や冬にはラベンダーやプチグレン、パチュリー、カモマイルなどを。

春は花の香りのイランイランやゼラニウム、ローズウッド、オレンジなどをブレンド。

 

好きな香りを選べるし、市販のものより香りもソフト!洗濯物がほんのりした良い香りで癒されます!

 

写真左はローズウォーターの容器をリサイクルして柔軟剤容器にしています。 若干乳発色になります。

生クリーム入浴剤

 

超簡単!生クリーム入浴剤をご紹介します。

その名の通り、生クリーム大さじ1に精油を10滴ほど垂らして作る入浴剤です。

 

私は時々お菓子や料理で余った生クリームの紙パックに直接精油を入れて良くまぜ、そのままお風呂でゆすぎます。

 

生クリームの乳発色の良い感じがでて、とてもゴージャスな気分になれますよ。

 

精油は油なので、生クリームやアルコール度70%以上のお酒やエタノール、植物油(マッサージ用)に溶けますので、そのような基材に溶かしてから使用して下さい。

そのままお風呂に入れると精油が直接肌について刺激になりますので・・・・。

無料メルマガ登録 

 

下記ボックス内にメールアドレスを記入し、登録ボタンをクリックするだけで、メールマガジンが配信されます。

配信頻度は約1ヶ月に1~2度。

手作り雑貨や化粧品の情報をお届けいたします。

 

handmade
handmade